医師のバイトとは?メリットとデメリット!

医師のバイトを始めるメリットとデメリットを見極めよう

医師のバイトは、様々な事情からフルタイムで働けない医師にとって、専門の診療科目で都合の良い時間で仕事ができることや、経験が浅い人でも採用してもらいやすいといったメリットがあります。一方、長期的なキャリアが積みにくいことや、常勤の医師と比べて給料やボーナスなどの待遇が良くない傾向がるため、仕事を選ぶうえでじっくりと働きやすい職場の特徴を見極めることが大事です。
最近では、人手不足を補うためにバイトの医師を積極的に採用している医療機関も目立ちますが、一つの職場で長く働きたい場合には、なるべく研修制度がしっかりとしているところを探すことがポイントです。また、勤務日や時間などを自由に選びたい場合には、シフト制が採用されている医療現場を選ぶことがおすすめです。

非常勤の医師が安心して働ける職場の見つけ方

非常勤の医師の活用が行われている医療機関は全国に多くありますが、中でも専門性の高い診療科目を職場に選ぶことで、しっかりとキャリア形成を図ることが可能です。また、非常勤の医師の勤務日数は、勤め先によって大きな違いがありますが、医師の数が少ない医療現場においてはフルタイムと変わらない勤務を任せられるケースも珍しくありません。そこで、非常勤の医師の仕事量や職場内での役割について詳しく調べるため、興味のある求人先の担当者に相談をしたり、職場見学をお願いしたりすることも良いでしょう。なお、近い将来に常勤の医師としての勤務を望む場合には、就職活動を通じて医師の評価制度がきちんとしている職場を探しましょう。